むち打ち

  • 事故に遭ってしまい首が痛くなった
  • 事故後からむち打ち症状が酷い
  • 患部に湿布を貼っているが効かない
  • むち打ちになってから頭痛、手のしびれがある
  • 事故後から何となく不調が続いている

「むち打ち」とは?

「むち打ち」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって首が鞭(むち)のようにしなったため起こる不調を総称したものです。

しかし「むち打ち」は正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。多くの方は次のような傷病名に診断され、様々な不調がでてきます。

むち打ちは首を牽引したり、電気を当てたり、湿布を貼るだけではよくなりません。
当院の事故専門施術(歪みの矯正)を受けるようにしましょう。

むち打ちの分類と症状:郡山市わく整骨院

〇頸椎捻挫型

頸椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、むち打ち症全体の70~80%を占めているとされています。首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。また、首や肩の動きが制限されることもあります。

〇根症状型

頸椎のならびに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状がでます。
首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。
これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。

〇バレ・リユウー症状型

後頸部交感神経症候群ともいいます。
頸椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられています。

〇脊髄症状型

頸椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。

〇脳脊髄液減少症

一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって腰椎の神経根にもっとも強い圧がかかりくも膜が裂けると考えられています。脳脊髄液減少症の不調はきわめて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。初期には頭痛が特徴的です。また、これらの症状には天候に左右されるという特徴がみられます。ことに気圧の変化に応じて症状が変化します。

むち打ちは治さないと後遺症につながります

 

交通事故に遭った後は少しの違和感でもしっかりと施術を受けないといけません。

なぜなら・・
少しの不調でも後々痛み、しびれがでてくる可能性が多いからです!

「違和感程度だから・・・」
と言って治さないでいると後々・・・

後遺症で苦しむようになります!!

 

実際当院に来院される方の中に
「以前交通事故に遭ったがしっかり治さなかった」という方が
首と肩に不調がでてしまっているケースがとても多いです!

痛みが出ている方は勿論ですが少しでも不調・違和感があるときは
必ず早めに受診しましょう。当院にご連絡下さい。

郡山市わく整骨院のむち打ち専門施術!!

交通事故に遭った時はアドレナリンがでているため、不調がでないこともあります。
勿論、病院でレントゲン検査を受けても異常なしと言われてしまうケースも多いです。
その時に不調がなくとも後々不調がでてきますので、すぐ当院にご連絡下さい。

むち打ちは単なるマッサージをしたり、電気を当てたり、首を牽引したりしても治るものではありません。歪みを解消しないと後遺症につながります。

歪みを解消する矯正施術を受ける必要があります!!

当院では首の歪みを解消するために郡山市では珍しい矯正専用ベッド(トムソンテーブル)を使用して矯正施術をおこないます。
歪みが解消されるので後遺症が残る心配もございません。

むち打ちは放っておくと大変なことになります!!
早めに当院の施術を受けましょう!!

当院にて交通事故施術を受けて頂く際には、自賠責保険が適応になりますので自己負担はありません。

・病院と同時受診も可能です。
・現在他院で施術を受けていてよくならない方、転院も可能です。
・後遺症にならないように自覚症状がなくとも当院にご来院頂くことをオススメします

むち打ちでお悩みの方、是非一度ご相談ください。