産後骨盤矯正

  • 出産後から不調があり産後骨盤矯正をしたい
  • 産後の骨盤の開きが気になる
  • 産前から痛い恥骨痛が産後も続いている
  • 産後から下半身の状態が気になる
  • 産後の骨盤の歪みを心配して育児したくない

産後の骨盤の歪み、放っておくと・・・

当整骨院では産後骨盤矯正は出産1ヶ月~1年が目安としています。

ただし徐々に骨盤は固まってしまいますので早ければ早いほうがいいです。

痛みの有無、自然分娩・帝王切開に関係なく産後は矯正をしないといけません。
なぜなら、産後は骨盤周りの靭帯が伸ばされてしまい、骨盤が不安定な状態になります。
そうすると、これから先様々な不調がでてきてしまうからです。

「骨盤ベルトのトコちゃんベルトを使っているから大丈夫」と思っているあなた!!

付け方を間違えるとトコちゃんベルトも意味をなしません。
それどころか逆効果になることも・・・

当整骨院ではキッズスペースもあり「お子様連れ大歓迎です」!!
早期に産後骨盤矯正をして頂くことをオススメします。

 

産後の骨盤の歪みはなぜ起こる?

妊娠・出産は女性にとって一大イベントです。

自然分娩・帝王切開に関わらず妊娠と出産は女性の骨盤にとても大きな負担がかかります。産後に矯正をするのとしないのでは大きく差がでます。

妊娠すると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになり骨盤まわりの筋肉・靭帯を緩ませ赤ちゃんが通る道を作ってくれます。ホルモン効果でゆっくり骨盤が開いていきます。

産後、最大限に開かれた骨盤をしっかりケアしないとホルモンの影響で関節、靭帯、筋肉が過剰に柔らかくなり骨盤が歪んでしまいます。

歪んだ骨盤が自然と元に戻ることはほとんどありません。

帝王切開でも同じです。また、矯正をしておかないと骨盤が開いたまま固まってしまうので
О脚などになりやすいなど下半身の状態も変わってきます。

産後骨盤の歪みが改善しない・悪化する理由とは? 

当整骨院は産後1ヶ月から骨盤矯正ができます。

早ければ早いほうがよく、遅くなるとそれだけ骨盤が固まり歪みが生じてきます。

骨盤の歪みが自然に元に戻ることはほとんどないので産後骨盤矯正をしないとそもそも回復しません。トコちゃんベルトなどの産後骨盤ベルトも戻りをサポートしてくれますがそれだけでは不十分なこともあります。トコちゃんベルトも開いた産後骨盤に対しては効果がありますが歪みに対しては・・・

なおさらつけ方もきちんとしないと逆効果になる危険性があります。

育児だけでも大きな負担になるので産後の骨盤に歪みが生じやすいです。

悪化する理由は色々ありますが・・・

水分(水)をほとんどとらない
座る時間が長い(運動不足)
足を組む癖がある
ストレッチをほとんどしない・・・などが挙げられます。

骨盤の歪みに対する施術法は? 

1番は産後骨盤矯正専用のベッドを使用して矯正をすることです。

出産をすると骨盤が広がり同時に歪みます。その歪みを解消しない限りきちんと戻ることはありません。

ただ・・・

ベッド上でストレッチなどの産後骨盤矯正ではその場しのぎの対症療法になってしまいますし、トコちゃんベルトなどのご自身での産後骨盤ケアだけでは不十分でもあります。

当整骨院では、まずその方のお悩みをじっくりお伺いします。それから、姿勢・歪み・筋力のバランスを見ていき、その後で丁寧にカウンセリング(お体の状態、頻度、通院期間の説明)をします

それから施術をします。郡山市では珍しいトムソンベッドという産後骨盤矯正専用ベッドを使用して無理なく矯正をしていき根本原因である歪みを取り除いていきます。

産後骨盤矯正にご興味ある方は是非、お問合せください。